お知らせ

2020/01/31/12:20

飛鳥鍋御膳(@1,900円)

飛鳥鍋(あすか鍋)は奈良の橿原・明日香周辺に伝わる郷土料理(牛乳鍋)です。明日香は古代に渡来人の影響を強く受け、日本で最初に牛乳を日常生活に取り入れた地域と伝わります。飛鳥鍋の由来は、渡来人が冬の寒さを凌ぐために鶏を山羊の乳で焚いたのが始まりだとか。

当店では毎年、東大寺修二会(お水取り)が終わる頃まで『土日祝日のランチタイムのみ、一日10名様限定』で飛鳥鍋(一人鍋)と雑炊のセットを御用意しております。(1営業日前までにご予約いただければ、平日でも可能な限り対応させていただきます)。また、かみつみち弁当に飛鳥鍋をお付けすることも出来ますので、ご予約時にご用命ください。白味噌、鶏出汁、牛乳で調味した出汁で焚いた鶏肉、大和野菜(大和マナと結崎ねぶか)を御賞味ください。

IMG_9462.jpg